高級おせちを注文してみました。

実家では正月に兄弟とその家族が勢ぞろいします。

 

久しぶりに顔を合わせることもあり、豪華な料理が並びます。

 

ある年、飲食店で働く兄の付き合いで高級おせちを取り寄せることになりました。

 

楽しみに届いた重箱を開けてみると、さすがに3万円以上するだけあって豪華な中身です。

 

カニや伊勢エビ、和洋中のお惣菜がぎっしり詰まっています。

 

我先にと皆が箸を伸ばし、あっという間に完食しました。

 

値段は高いけれど1年に1度のことだし、たまの贅沢もいいなと思いました。

 

そこで次の年の正月も同じお店におせちを注文しました。

 

またまた楽しみに重箱を開けると、今度はがっかりでした。
明らかに前年よりスカスカです。

 

2段目のお重には切った肉が詰めてあるだけでした。

 

今ではおせちは頼まず、デパ地下で好きな惣菜をたくさん買ってきてお重に詰めています。
その方が安上がりで好きな物が食べられていいですよ。

 

おせちは元々神様へのお供え

おせちと聞くと、重箱に綺麗に詰められた料理を思い浮かべる人が殆どだと思います。
でも、元々は神様へ供物(お供え)を差していたらしいですね。

 

節句って、今では雛祭りや子供の日と言われる端午の節句ぐらいしか思いだしませんけど、昔々は季節の変わり目に行われていたようです。季節の節目にあるから節句。なんとも分かりやすい呼び方です。

 

それがいつの間にかお正月に、それも神様ではなく人間が食べる料理の名前として定着してしまったんだそうです。

 

お供えをお下がりとして頂く風習は昔からあったようですし、今でもおせち料理のお重を先に神棚に上げてからというご家庭もあるようです。

 

こんな風に考えると、季節特に年があらたまった時に色んな願いを込めておせち料理を頂くことにも意味があるんだなぁ〜と思えますよね。